2007年08月28日

心に沁みる物語

先日BShiで放送された舞台「何日君再来」。
あれから何度か繰り返し観ている。

何度観ても泣いてしまう場面がある。

美華が日向にハッパをかけるシーン。

アイドルとしての顔しか知らなかった石川梨華ちゃん。
実際に劇場で観ている時も、
「やっぱりアイドルだなぁ〜」
と思っていたんだけど。
どんなに悪い口を利こうが、派手なアクションをしようが、
何をどうやっても可愛すぎて・・・。

でもあのシーンは胸に沁みます。
またお芝居観てみたくなりましたよ。

あとはやっぱり、日向の独壇場ですかね。

あの長台詞。
この物語が伝えたかったメッセージがすべて
込められていると言っても過言ではないと思う。

理想はあくまで理想で、叶わないことのほうが多いのが世の中。
日向の言うとおり、たった1曲の歌が戦いを止めるきっかけに
なるとしたら、それは本当に素晴らしいことだろう。

5月の舞台の後、en-Rayの出演したテレサのトリビュートコンサート
にも行ったけれど、
「川の流れの始まるところ」
は本当に名曲だ。

誰かの荒んだ心をそっと癒すような、そんな優しい歌だと思う。

そして、黒木メイサ!

彼女には全編通して魅了されちゃいました。
まだ十代!?うっそー。
前にドラマで見たときは、綺麗だけどさほど・・・という印象だった。
でも、あの動きといい、目力といい、もう素晴らしかった!
あんなにハンサムな女の子、見たことない!
またリンに会いたいなぁ・・・。

唯一心残りというか、藤原くんのアクションが見られなかったのが
残念ではあったな。
空手有段者の彼の、華麗なハイキックや回し蹴りを見てみたかった。
全体的にお笑い担当というか、場を和ます的な役割もあったから
仕方がないのかな・・・。
でも要所要所で熱い台詞をバッチリ決めていて、すごく素敵だった!

またお芝居をやることがあったら、今度はちょっとシリアスな彼も観てみたい。
そういうのもハマりそうな気がするんだけどなー。
オファー、ないですかね!?(笑)
posted by もっち at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。